[栄木正敏]

1944―

陶芸家、プロダクトデザイナー

千葉県生まれ

武蔵野美術大学で加藤達美に師事したのち、会田雄亮、森正洋のほか、金工の芳武茂介、工業デザイナーの柳宗理らと出会い、とくに北欧のデザイン思想に強い影響を受ける。

昭和45年(1970)ごろより瀬戸を本拠地として瀬戸、多治見、名古屋をはじめ、奈良・大阪などの企業と提携して陶磁器、プラスチックのデザインに携わる。

代表的な技法は白磁染付けだが、型成形、呉須による文様は手描きを基本理念とする。

箸置きからタイルまで約500のアイテムを手掛け、そのうち30数点がGマーク選定品となる。

森正洋の次の世代を代表するデザイナーの一人。

(小川煕)

角川陶磁大辞典(矢部良明 編集代表)栄木 正敏の項より抜粋

愛知県瀬戸市中水野町1-74
Tel&Fax 0561 (48) 3991
メールアドレス masa@sakaegi.jp


Copyright2004 SAKAEGI DESIGN. All Rights Reserved.
designed by Koji Shibazaki & Mitsunori Iwata